セレニティカウンセリングルーム

カテゴリー 『 セレニティの活動・お知らせほか 』

2015という数字

2015年。
もう21世紀になってから15年目なんですねえ。
ふ~、早いなあ!

20世紀の真ん中に生まれた私としては、2000年という数字そのものが、現実離れした数に思えていた時期がありました。19〇〇年は実感できるけど2000年以降はSFの世界、みたいな感覚だったのです。さすがにこの頃は2000という数字にも慣れましたけれど・・・。

ところで、

20世紀から21世紀へと切り替わった当時は、戦争の世紀と呼ばれた20世紀から、平和なミレニアムへと変わることを期待した空気が自然に生まれていたように思います。平和なミレニアムの創造はいつどんな形で始まるのか?淡い期待を抱きつつ、何かを待っていた自分もいました。

そのまま月日が過ぎて・・・

2011年、私たちは東日本大震災という未曾有の惨禍を経験するに至ります。
「これで何かが変わる!」と思ったのも束の間、
惨禍の痛手から気づいたことや学んだことを忘れ去り、
再び何ごともなかったかのように20世紀の続きを歩いている、
そんな2015年の年頭です。

☆ ☆ ☆

 

でも、考えてみれば当たり前ですね。
私たち一人ひとりが変わらなければ、
本当の意味での社会の変化は起きないのですから・・・。
どこからか変化がひとりでにやってくるなんてことはないですから。

 

権力を持った人たちが好きなように力をふるってきたのが
20世紀までの歴史だとしたら、
それを超えるには権力者ではない人たちが、
今までに発揮できなかった力を使って乗り越えるしかないのでしょう。

 

そして、乗り越えることのできる力があるとすれば、
それは権力者と同じような種類の力ではなく、
自分を生かし、人と人とをつなぐことのできる力であるはずです。

 

「自分を生かし、人と人とをつなぐことのできる力」を使う。
それは誰にも教わったことのない方法だから、
不安に駆られるかもしれません。
でも、そのもとになるのは、誰もが本来持ち合わせている力です。

 

誰かの指示を待つのではなく、
自らの魂の声に耳を傾けて動くとき、
きっと何かが少しずつ変化し始めます。
魂の声に耳を傾けることは、
もしかしたら勇気のいることかもしれないけれど、
自分自身の生を生きるただ一つの道ではないでしょうか。

 

そんなことを考えながら明けた今年のお正月。
少しでも形にしていけたらいいなと思っています。

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

ホームページのリニューアル

久々にホームページをリニューアルしました。
随分前に「ただいまリニューアルの準備中です」とお知らせしたと思いますが、本当にあれはいつのことだったでしょうねえ。
皆さんもうお忘れですよね。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

部屋の片付けを始めるとあちこちの戸棚から思いがけない物が出てきて、写真に見入ってしまったり、新聞の切り抜きを読み始めてしまったりして、整理するつもりが逆に家中に物が広がってしまった・・・・な~んていう経験、どなたもお持ちかと思いますが、ちょっとそれに近い感じだったような気がします。

整理し始めると次の課題が見えてくるんですよね。そんなこんなで、まだまだ整理しきれなかったり、手つかずだったりの所があちこちに・・・。

ということで、サイトの中身はそんなに変わっていないかと思いますが、古い日記帳や大事な物をしまった引き出しを開けるようなつもりで、この間のセレニティの活動を振り返りながら再構築してみました。

これを機に、また新たな気持ちで、次の一歩を「よっこらしょ!」とばかりに踏み出せればと思っています。
<さっそうとー!>でないところがミソですよ ^^)

お時間のあるときに、ときどき覗いてみていただければ嬉しいです。

4月のセレニティ瞑想会

連休の前半初日は瞑想会でした。八重桜が散り始め、そしてハナミズキが見頃を迎えるという春爛漫の一日でした。

写真は会場近くの駅前ロータリーでパチリ。もう一枚は瞑想会会場の和室です。広々とした和室の、自然光の柔らかな光が落ち着きます。この日の瞑想会について、ちょっとした感想を書きました。もしよかったらお立ち寄りください。→こちら

子どもは「今を生きる」天才だ

またもや長らくのご無沙汰になってしまいました。
皆さま、お元気でしたか?

私は大学の相談室が7月末まで怒濤の忙しさでしたが、夏休みを経て何とかペースを取り戻しつつあるところです。ということで、まあまあ元気にやっています。

さて、 この夏、私は4歳になる孫(男の子)のお守りで、まるまる一日を、朝から夜寝るまでつきあうという体験をしました。孫が寝ついた時には、こちらもグッタリ。でもそのおかげで、翌朝が実に爽快でした。子どもの相手をするということは、あれこれ考えたり悩んだりする間もなく、日頃使っていない心や身体をぜ~~んぶ使い、体力も五感もフル動員しなければならないからだと思います。子どもとつき合っていると、素の自分が出ざるをえず、結果、自分自身がラクになっていたようです。

たとえば、こんな体験もしました。
ゲームセンターでのことです。実はあのガチャガチャワ~ンとした騒音が私は苦手で、できるなら避けたい場所だったのですが、スーパーの一角にあるので買い物の途中でいやでも通らなければなりません。孫にせがまれてゲーム機の前に座ることになり(二人一組のゲームだったので)、しぶしぶコインを入れました。「1回だけね」の約束で、出てくる怪獣をやっつけるシューティングゲームに挑戦することになりました。

途中、ボーナスポイントが出て私が対応に戸惑っていると、孫がすかさず「これ!」と言って、横合いから小さな手が伸びてきてポチッとボタンを押してくれたり、どっちがお世話をしているのだかわからなくなりました(苦笑)。私もチームとして貢献せねばと、妙にやる気になってしまい、気づいたら本気モード。結果はゴール寸前でタイムアウトになってしまったのですが、「よし、次回こそは」と心密かに次回を期待してしまったのでした。まさかゲームでこんなに自分が盛り上がるとは・・・。

この意外で新鮮な体験から気づいたこと。ふだん使っていない頭とからだのすべてを使い全力で時間を過ごすと、それが何であれ、実に気持ちがいいことなんだという、当然と言えば当然なこと。まさに、瞬間を全力で生きることにおいて、子どもに勝る師はないと実感しました。

ふとここで、10月の瞑想会に寄せて講師から届いたコメントが思い出されます。
。。。。。。。。。

  あなたは今何処に居ますか?

  いえいえ場所ではありません。
  お聞きしたいのは「未来」なのか「過去」なのかです。

  奇妙な質問です。

  でもよーく心の中を覗いて見て下さい。

  今あなたが感じているかもしれない
  希望や不安、夢や苦悩、恐れや後悔、、。

  それらは私達が今何処に居るのかを表しています。

  さてあなたは今何処に居ますか?

。。。。。。。。。

「あなたは今何処に居ますか?」
この真摯で高尚な問いかけに対して、私の体験はあまりにささやかな日常の一コマですが、コメントが届いたときに真っ先に思い出したできごとでした。
 皆さんはそれぞれの体験の中で、「今、どこに?」の問いかけをどんなふうに受け取られたでしょうか?そんなお話も、みなさんで分かち合えたら嬉しく思います。
来月10月22日(土)の瞑想会、どうぞお気軽にお出かけくださいませ。お待ちしています。

瞑想会、雪混じりの日に

今日も寒~~い!エアコンの設定温度がいつもと同じだとちっとも暖かくなりません。

昨日は昨日で、雪がパラパラと舞うお天気。そんな中、今年最初の瞑想会でした。

「積もったらどうしよう」「交通機関がストップしたらどうしよう」と心配だったのですが、雪混じりの雨ですんで助かりました。子どもの頃は、雪が降るのを楽しみにしていたのになあ、と雪を手放しで喜べない自分がちょっぴり淋しい。

肝心の瞑想会は、「無事に」よい時間を過ごすことができました。「無事に」というのは、1時間以上も前から部屋のエアコンを入れていたにもかかわらず、二部屋続きの広い和室はなかなか暖かくならなかったのです。開始から1時間もした頃、ようやく暖かくなり始めましたが、こんなことは初めてでした。自然の力とはすごいものですね。大気が冷え切って、建物全体が冷蔵庫みたいになってしまうのですものね。

寒さに加え、雪かき、雪下ろしと大変な、雪国のご苦労を改めて思いました。