セレニティカウンセリングルーム

カテゴリー 『 近況報告 』

静寂と喧騒

ずいぶん長いことご無沙汰してしまいました。ごめんなさい。

落ち着いてパソコンに向かう余裕がなく(時間的にというよりは気持ち的に)、気がつくと2ヶ月以上もご無沙汰していました。

(写真は大学のキャンパスで仰いだ青空)

 

5月下旬に弟が亡くなり、闘病中だったとはいえ突然のことでショックでした。訃報を聞いて真っ先に思ったことは、死って静かだなぁということ。

訃報を耳にする一瞬前までは、希望・期待・不安・怖れなどなど、いろいろな感情が交錯して気持ちはザワザワしていました。そこに飛び込んできた訃報、亡くなったと聞いた瞬間、時が止まり物音一つない静寂の世界に一人ポツンと佇んでいる感覚。

本当に静かで、ただひたすらな静寂。
思えば生きていくことそのものが饒舌な世界での営みなのだと今さらながら知ることとなりました。絶え間なくおしゃべりを続けているかのような喧騒の世界に生きているのが私達の日常なのかもしれません。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

多少なりとも、ふだん瞑想に親しんでいれば、身近な人の死に臨んでも死の受け入れ方も悲しみも薄らぐのではないかと思っていたのですが、そんなことは全然ありませんでした。ショックなものはショックだし、悲しいものは悲しいままでした。

でもそれでよいのだと・・・。
悲しいときは悲しむしかない。そして、そういう自分を見ていればよいのだと。
瞑想とはそういうものだそうです。

ただ、こんなふうには思います。瞑想を通して、死を深いところで受け止められているのかもしれないと。重層的にと言うのでしょうか・・・。やはりなんだかんだ言っても、瞑想は私にとって欠かせないものになっていることは間違いないようです。

 

 

 

近所の田んぼ。冴え冴えとした緑が美しい。

田植えの季節には子どもたちがカエルを覗きに来ていました。

孫たちの贈りもの?

すっかりご無沙汰してしまいました。

年が明け、早くも2月も目前!

だいぶ風邪やインフルエンザが流行っているようですね。
みなさんはお変わりありませんか?

私の方はお正月明けにさっそく風邪で寝込みました。

子どもの頃は風邪をひいたり熱を出したりで、年中薬のお世話になっていましたが、いつの頃からか、風邪もめったにひかなければ、熱が出ることはもっと珍しく、寝込むに至っては10年に一度というくらいほとんどなくなっていました。

なので、「お正月早々寝込むなんて、ついてないな~」と当初はすごくがっかりしたのですが、よくよく考えてみると、あるいはラッキーだったのかもしれないと、今では思っています。

そもそも体調を崩した発端は、小学生の孫達二人が泊りがけで遊びに来て、帰っていったその日でした。4日間、公園や水族館に行ったり、楽しく遊んで(孫に遊んでもらって?)過ごし、やれやれと駅まで送って行って帰宅した途端に腰が痛いのに気づきました。→(帰った途端というのがすごいですね。それまでは緊張で抑えていたのかしら?自分では全く自覚なし)

次第に、節々が痛くなり、翌日は朝から熱が出て、とにかく寝るしかないという状態でした。

ほとんど食事もせずに、水分だけは摂るようにして、ただただ眠りたいだけ眠りました。というより、眠る以外ない。何もできないし、何もしたくない状態だったので・・・。

と、書くと何やら悲惨ですが、実はある意味ラクチンでした。と言うのは、なまじ動けると、「あれをやっておかないと」「これがまだ準備できていないから」などと、気になることが次々に浮かんできて、つい動きたくなってしまうものですが、そんな余地もないくらい動けなかったので、もう選択肢は一つ!潔く「寝るしかない」でした。

そんな状態だったので、「わ~~い、寝られるー!」と、ちょっと嬉しかったかも。

そんなこんなで眠り続け、一日二日と徐々に熱が下がり、二日目にはほぼ平熱になり、三日目にはすっかり元気になることができました。

そして不思議なことに、治ったらなんだか身体が軽くなったような、スッキリとした爽やかな心地良ささえも感じることができました。ほとんど食事もとらず、こんこんと眠り続けて熱が出るに任せていたら、身体の浄化作用が自然に働いてくれたのかもしれません。

風邪が治ってもなんだかすっかり抜け切らない、そんなようなこともあるものですが、今回はそれが全然なくて、翌日の大学の出勤日にはまったく元気に出かけることができました。

ということで、今回の二日間の風邪体験は初めての不思議な体験でした。ある人曰く、「お孫さんの、「バアバ、ゆっくり休んで」というお土産だったかも?」。なるほど、そうかも~。優しい孫達よの~(笑)。

ただ一つ残念だったのは、寝込んだ2日目に予定し、チケットも購入してあったコンサートに行かれなかったこと。これは、ホン・・・・・ントに!残念でした。

 

 

 

 

 

 

 

生と死と瞑想

冬の朝はキーンと冷たくて・・・。
手足は凍えそうでも、
抜けるような青空を見ると、
そんなことも忘れて思わず深呼吸したくなるくらい気持ちがいい。
———————–
今年も数日で幕を閉じます。相変わらずせわしない一年でした。皆様はどのような思いでこの年の瀬をお迎えでしょうか?

私くらいの年齢になると、元気だった人が急に体調を崩したり、身近な人が亡くなったりという報に接する機会が増えてきます。そしてその度に、命や健康について考えさせられます。そこにはおのずと、「生きる」とは何なのかという問いも含まれて。

一般に私たちの感覚では、生と死は対極にあると思われています。少なくとも日常の感覚ではそうです。

一方、毎月セレニティで開催している瞑想会では、「死は日常のことであり、生と死は一体で切り離すことができないもの」として扱われます。そして私たちは日ごろ、生の側にだけ目を向けて生活していて、死は見ることさえ拒否しているのではないかと・・・。

その結果、身近な人の死や自分に健康不安が生じたときに突然、死について考えるようになり、そしてまたその不安が去ると日常に紛れて忘れてしまう、ということを繰り返しているのではないかと。

私自身を振り返ってもまさにそれです。ただ、少しずつの変化も感じられます。心もとないながらも続けている毎日15分の瞑想と、月に一度の瞑想会を通して、(ほんのちょっぴりですが)生と死の両面に目を向けられるようになってきたかな、と思う時も出てきました。

日ごろ見ることを拒否していた部分(死)を見ることで、生きることの両面(生と死)に目を向けることができ、「ねばならない」と縛っている自分から解放されて自然体で生きられたら・・・。そして、自分なりの幸せや喜びをさらに見つけられるようになれたらいいな~。

瞑想をしながらいつも雑念に振り回されてばかりいる私には、まだまだほど遠いことは確かです。それでも、生と死の両面をちゃんと見られたら世界がどんなふうに見えてくるのか?という好奇心と、多少の向上心(?)とで、このまま雑念に振り回されるとも、ジタバタ瞑想をし続けようと思っています。

とまあ、こんなことを思いつつ、年の瀬を過ごしています。

今年もあまり日記が更新できませんでした。というより、以前よりも間隔が開いてしまったかも・・・。本当にこの一年は気づくとあっという間に一か月が経ってしまっていて、時間の感覚が昨年よりもさらに短かった気がします(モロ言い訳!><)

来年はもうちょっとマメに更新できたらと思いますが(←毎年言っている)、期待せずに見守っていただければ・・・。

何はともあれ、今年も一年何とか無事に過ごすことができました。
本当にありがとうございました(世の中の諸々に対して感謝を込めて・・・)
皆さま、どうぞ佳いお年をお迎えくださいませ。

 

今夏一番の猛暑の日に

残暑お見舞い申し上げます!

すっかりご無沙汰してしまいました。今年はいつにも増して、何だか月日が飛ぶように過ぎていきます。特に、6月頃からあっという間に過ぎて、あれよあれよと8月になり、気づいたらお盆も終わっていたという・・・。

何なんでしょうね。歳を取ったからだけでもないような・・・。

 

そんな日々ではありましたが、元気に動けているのはありがたいことです。

先日は小学生の孫二人と、電車を乗り継いでアスレチックのある公園に行ってきました。それが今年一番の猛暑の日!!

そんなに市街地から離れているわけでもないのに、バスは1時間に1本しかないし、ほかに交通手段もなく、タクシーで公園に、という贅沢(孫には甘い)。というか、とにかく暑くて、早く涼しいところに移動したいと思う、ひたすらそれだけ。タクシーを待っている人達も、タクシー乗り場から離れた日陰に避難して待つほど。

やっと乗ったタクシーで、運転手さん「今日は38度だそうですよ」「!!!」宮城から来た孫達はそれでなくても連日暑い暑いを連発。タクシーの中ですっかりぐったり。

公園に着いてみると、何やら工事をしているではありませんか。それにやけに閑散としているし、子ども達の声も聞こえない。イヤな予感。

通りかかった男性が「今日は暑いねえ」管理人室の方に向かっていくので、「管理人さんですか?水遊びのできるところがありましたよね」とネットで調べた情報を元に尋ねる。

「ああ、今日はお掃除だ。お休みです」と背後の噴水らしき一角を指さす。昼休みから戻ってきた作業員達が作業に取りかかり始めた。さっき、公園の入り口の木陰で昼寝をしていた人達だ。

「ええ~~!!」と子ども達、と私。「たまたま今日が清掃日だったんだよね」の管理人の声も遠くに聞こえる。。。。。。

こんなに暑い中をタクシーでやってきて、水場は無し。

気を取り直して、「残念だったねえ。じゃあアスレチックで遊ぼうか。木陰だから涼しいんじゃない?」と極力明るく声を掛けてみるが、子ども達は「あつ~~い」。それでも、手近な遊具に上り始めるが、だあれもいない公園はモチベーションが上がらないようで、「しょうがない、まあ上ってみるか」感がハンパではない。

上って下りてきたら、「もういい。帰ろう」(今来たばっかりでしょ?)

「貸し切り状態よ、滅多にないでしょ、こんな事」と励ましてみる(こんな猛暑の日に出てくる人はいないよ、と自分にツッコミを入れながら=あ~あ、せっかく楽しませてやろうと思ったのに。もしかしたら公園のインフォメーションに清掃日の注意書きがあったのかもしれないな~と反省もしつつ)

子ども達の好きなタラコおにぎりを並べても、あんまり飛びつかないし、昨日プラネタリウムで買ったおみやげの宇宙食「イチゴ味のアイスクリーム」を期待と共にひとかけらを口に。「これ、アイスじゃないよ」確かにあのトロッとしたアイスを期待すると大はずれ。普通は期待しますね。

形状はフリーズドライで、厚さ1センチ弱、切り餅くらいの大きさに成形してあります。いわゆるアイスクリームを期待してはダメです。イチゴ味のアイスを食べた後の口の中を再現するためなら◎。孫達には、「噛まないで溶けるのを待っていると、アイスを食べた後の味がするでしょ」と味わう秘訣を指南。

少し離れたベンチでは、オカリナの練習をするお兄さんが「コンドルは飛んで行く」などポピュラーな曲をマイペースで練習している。たまに犬の散歩の人が通り過ぎる。この何にも無さも、これはこれで私自身は結構好きなんですが、子どもにとっては面白くもなんともないだろうなというのもわかる。

それでも、ブランコに乗ったり、公園の全体をぐるっと回ってみる。こんな日でも、木々を渡る風はさすがに涼しく、緑の多いありがたさを痛感する。

170809_1311~02

写真では見えませんが、この緑のアーチにはブーゲンビリアが絡まっているんですよ。オレンジ色の花がグリーンに映えてきれいでした。こんなに暑くなかったら、きっと居心地の良い公園だと思います。そしてもう少しアクセスが良かったらなお良いですけどね。

☆ ☆ ☆

教訓:猛暑の日はおとなしく家にいること。
たとえ子どもでも暑い日には水遊び以外はしたくなくなるのだ。

おかげで一夏分の暑さを体験した一日でした。でも、涼しい所にいて一夏終わってしまうのも何だか夏らしくないので、この日は夏の暑さを満喫したということで、これはこれで良かったのかな?

↑ ・・・負け惜しみ^^;

 

 

 

霜柱

霜柱

霜柱。大学のキャンパスで、山茶花の植込みの下で見つけました。

ここしばらく、この時季としては暖かな日が続いていますね。
春の陽気を思わせる日もあります。

一方、インフルエンザが流行っているらしく、大学では休んでいた学生たちが、ここへきて徐々に大学に戻ってきている様子です。

皆さんはお変わりありませんか?

私はおかげさまで今のところ元気です。

大学では学期末試験がほぼ終わり、今週末からは大学入試が始まります。

先日、キャンパスで見つけたこの分厚い霜柱。長さ、4~5センチはありました。こんなに長い霜柱を見たのは(湘南生まれの私は)初めてです。通りがかった学生も、思わず手に取って眺めていました。

長さ4~5センチはある?

長さ4~5センチはある?

こんな寒い中で、これから試験が始まります。

せめて雪が降りませんように。

電車が遅れたり、ストップしたりしませんように(この路線は日ごろよく遅れます)。

受験生の皆さんが、それぞれの力を最大限発揮できますように・・・。