セレニティカウンセリングルーム

孫たちとの夏休み~水上バス

猛暑の真っ最中の8月初旬。泊まりに来た孫たちを連れて、初めて水上バスに乗りました。夕方とはいえまだまだ暑さの残る中、日の出桟橋から浅草までの40分間、なかなか快適な海上のお散歩でした。

この日は食事付きの豪華なクルーズではなく、ちょっぴり昭和の雰囲気の素朴な水上バスに乗りました。実際、運行初期の室内の木造作りが生かされていて、それもまた風情がありました。

以前、20年近く東京に住んでいたのに、水上バスに乗ったのは今日が初めて。。。。

 

途中で見えてくるスカイツリーや、息子たちが卒業した中学校など、思い出の場所を海側から眺めることができたのも新鮮な体験でした。中学校には新しく体育館ができていたりして時の流れを感じました。

小学生の孫たちはといえば、エアコンの効いた階下に下りてみたり、眺めの良い上の階に上がったりして、特に遊具がなくてもそれなりに楽しんでいる様子。

何より、こんなに暑い日なのに、海面を渡ってくる風はわずかに潮の香を含んでしっとりしてはいるものの、涼しくて気持ちよかったので、こんなに暑い日は大人も子どもも、それだけで満足できたというのはあるかもしれません。

楽しげに行ったり来たりする子どもたちを見ながら、息子から言われちゃいました。「僕たち一度も連れて来てもらったことなかったよね」と。「う、う~ん。そ、そうだっだったね~」と苦しい返事(><)(そうだね~、こんなに気持ちいいのだから一度は来ても良かったよねー、と今更ながらの後悔)

時々すれ違う遊覧船のお客さん達と、手を振って挨拶するのも楽しかったですよ。もし、「東京でどこか行くとこないかな~」というときは、候補の一つとしていかがでしょう?

 

静寂と喧騒

ずいぶん長いことご無沙汰してしまいました。ごめんなさい。

落ち着いてパソコンに向かう余裕がなく(時間的にというよりは気持ち的に)、気がつくと2ヶ月以上もご無沙汰していました。

(写真は大学のキャンパスで仰いだ青空)

 

5月下旬に弟が亡くなり、闘病中だったとはいえ突然のことでショックでした。訃報を聞いて真っ先に思ったことは、死って静かだなぁということ。

訃報を耳にする一瞬前までは、希望・期待・不安・怖れなどなど、いろいろな感情が交錯して気持ちはザワザワしていました。そこに飛び込んできた訃報、亡くなったと聞いた瞬間、時が止まり物音一つない静寂の世界に一人ポツンと佇んでいる感覚。

本当に静かで、ただひたすらな静寂。
思えば生きていくことそのものが饒舌な世界での営みなのだと今さらながら知ることとなりました。絶え間なくおしゃべりを続けているかのような喧騒の世界に生きているのが私達の日常なのかもしれません。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

多少なりとも、ふだん瞑想に親しんでいれば、身近な人の死に臨んでも死の受け入れ方も悲しみも薄らぐのではないかと思っていたのですが、そんなことは全然ありませんでした。ショックなものはショックだし、悲しいものは悲しいままでした。

でもそれでよいのだと・・・。
悲しいときは悲しむしかない。そして、そういう自分を見ていればよいのだと。
瞑想とはそういうものだそうです。

ただ、こんなふうには思います。瞑想を通して、死を深いところで受け止められているのかもしれないと。重層的にと言うのでしょうか・・・。やはりなんだかんだ言っても、瞑想は私にとって欠かせないものになっていることは間違いないようです。

 

 

 

近所の田んぼ。冴え冴えとした緑が美しい。

田植えの季節には子どもたちがカエルを覗きに来ていました。

どこを歩いても緑

大学への行き帰りも、大学のキャンパスも、休日に出かけた公園も、どこも緑が溢れています。浅い緑色が折り重なり、光の反射で濃淡を作っては多彩な緑色が目を楽しませてくれます。

色どり豊かな花が咲く春も好きだけど、新緑の季節も本当に気持ちが良くて大好きです。

もちろん、どの季節もそれぞれに良いところがあって、その変化があるからこそ楽しめるのですよね。そう考えると、どの季節が一番好きかとか、優劣はつけられないな~とも思います。

ですが、それにしても今年の季節の変化は早い気がして、しっかり味わわないと季節がどんどん通り過ぎていく気がしています。

この公園も、少し前には八重桜が見事でした。さらにその前はソメイヨシノが満開で、その下でお弁当を広げているママと子どもたちがたくさんいました。

この日は、初夏のような陽射しの中で、少年野球の練習のようでした。

フェンス越しの木陰で水分補給をしている少年たちの姿も。(もうすぐ炎天下での練習が待っているんだね。ごくろうさま~)と、汗ばむほどの陽射しを避けて、木陰を選びながら歩いていたオバサンは思ってしまいました。

沖縄は数日前に梅雨入りしたそうですね。
関東ももう間もなく、あのしっとり(じっとり?)した空気と蒸し暑さの季節がやってきます。

でも、それにはまず、この緑の季節を味わってから。。。。

 

 

 

 

いっぺんに春が来た!

暖かくなったと思ったら一気に桜が咲いて、またたくまに散ってしまいました。でもその分、街のあちこちが、どこもかしこも咲き誇る桜でいっぱいでした。

つい、一週間前のことです。

今頃はきっと葉桜ですね。

 

 

公園の花壇。

 

 

 

こんな道路脇にも・・・。

タンポポなら綿毛が飛んできて芽を出したということも考えられるけれど、

チューリップの球根がいったいどうやってここに?

 

丈は短くても立派にチューリップ。

可憐な色といい、

なんだか健気。。。

 

ここにも春が来たよ!

久しぶりに、絵本

本当に大変ご無沙汰してしまいすみませんでした。

2月の中旬に風邪だかインフルエンザだかで寝込んでしまい、その後治ってもスッキリしないで復調するまでしばらくかかってしまいました。気づいたら、3月になっていました・・・。

 

(写真、ピンボケですね。。。)

そんなある日、お天気が良かったので、散歩がてら図書館まで足を伸ばしました。いつも図書館にいると時間を忘れてしまいます。特に、児童書のコーナー、それも絵本のコーナーが好きで、絵本に囲まれていると「幸せ~」となります。

この日は、たまたまツイッターで情報を得た2冊がお目当てでした。あらかじめ自宅のパソコンで図書館のサイトを検索し、所蔵を確認してから来たので、多分駆り出されていなければ大丈夫なはず・・・。図書館のパソコンで再度検索。ところが、記号を見ても、どの棚を探したらよいのかわからなかったので、司書の女性にお願いすることに。

すると早速パソコンで調べてくれ、プリントアウトされた小さなメモを見ながら案内されました。ちゃんと、2冊とも貸出可能でした。

次回から自分で探せるように司書の方に探し方を確認したところ、パソコンのボタンで印刷できるのでメモを頼りに探すと良いと教えてもらいました。何度も来ている図書館なのに、パソコンにそんな機能があることも知らなかったなんて。。。便利な機能は使うべきですね。

さて、そんなふうにして読むことのできた2冊(写真を取り忘れてしまいました)。

ちょうど冬季オリンピックの頃だったので、連日雪と氷のスポーツが繰り広げられており、スピードスケートではオランダの選手の強さが印象に残っていたときでした。

そんな折に、書店のオーナーがツイッターで紹介していた本の一冊がこれ。
ピートのスケートレース」(ルイーズ・ボーデン/ニキ・ダリー)

第2次大戦下のオランダ。10歳の少年ピートは、オランダ中の村々を回って計200キロを踏破する過酷な国内最大のレースに憧れ、手帳に地図や情報を書き込んではいつかそのレースに出場することを夢見ていました。そんなある日、ピートはユダヤ人のクラスメイトの女の子とその弟を、ナチスの手を逃れてベルギーの親戚に送り届ける役目を頼まれます。

地図を頼りに一晩で何十キロも村から村へ滑り通していかなくてはなりません。途中には幾つもドイツ兵の検問所があります。

・・・とお話は進むのですが、ここに描かれるオランダの冬とスケートの関わりを知って、オリンピックでのオランダ人選手がなぜ強いのか、非常に納得できたのです。冬のオランダでは、スケートは歩くよりも車に乗るよりも、ずっと便利な必需品として人々の生活に根付いていたのですね。これからオランダのスケート選手を目にするたびに、ピートのことがチラチラと浮かんでくるような気がします。

セピア色を基調にした絵と、状況理解には多少の説明が必要なこともあって、はしゃぎまわっている孫たちに読んで聞かせるにはあまり適当ではないかもしれません。でも孫たちに、いつかどこかで、ゆっくり一人静かに読んでほしい本だと思いました。

。。。。。。。。。

さて、お目当てのもう1冊はこちら。
「はちうえは ぼくにまかせて」(ジーン・ジオン/マーガレット・ブロイ・グレアム  )

こちらは手元においておきたいので本屋に注文するつもりです。写真を撮ったらそのときに別立てで書かせていただきますね。